08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

実家に帰省

2013/05/05
2013年のGW後半は、実家に帰省していました。

写真 (1)


地元の友達に会おうかと思ったけれど、携帯の不調で友だちたちにうまく連絡がとれず、3日間家族と過ごしていました。

今日は、帰省の最終日。
これからご飯を食べて、荷造りして、夜行バスで帰る…というところです。

実家というのは、「実家」なんだなと思います。

いつ帰って来ても、変わらないのだけど、少しずつ変わっている。
洗い物を手伝って、食器を食器棚にしまおうとしたときに、場所がどこか分からなくなっていたりする。いつの間にか、ソファのカバーが変わっていたりする。でも、帰ると母が甘やかしてくれることとか、母と妹達とご飯を食べながら盛り上がっていると父が黙ってその様子を眺めているとか、そういう感覚は全然変わらない。

帰る日になると、とてもセンチメンタルな気分になる。
夏の終わりの感じというか、楽しい休日の日の夕暮れを眺める気持ちというか。

写真

夕日が差し込むまだ早い時間にお風呂に入った。
風呂につかって、窓から外の光が差し込む様子がきれいだった。

家のなかのいたるところに、たくさんの思い出が潜んでいる。中学生のときからこの家に住んでいるけれど、中学のときに友達とうまくいかなくて、日記にたくさん不満や悲しい思いを書き散らしたこととか、高校のときには空を見上げるのが好きで、部屋の窓から夕日を何時間でも見続けていたこととか。受験のために英単語を模造紙に書いて貼った壁とか。

そういう小さな日常の思い出が、そのまま染み込んでいっている空間だなあって。この家に住んでいたのは、5年間で、自分の人生の中でものすごく長い時間というわけではないのだけれどね。この、トイレの便器に座ったときの見える風景、窓の外に目をやるととなりの家の瓦屋根が見える感じ、裏の公園で遊ぶ子どもたちの声。

ここにいると、懐かしいなーって気持ちにさせられるんです。

実家だなあーって。


そんな時間を過ごしました。


オワリ
スポンサーサイト
18:21 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。