07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

毎日の幸せ

2012/04/29


幸せってのは、幸せになるために自分が動かないと得られないものなんだと思う。

いつからか、自分で自分の行動を選び、人を選び、生きる場所を選ぶようになってから、幸せは無条件に与えられるものではなくなるんだと思う。

幼いころ、親が与えてくれた愛とか、色んな世界へと連れてってくれることによって感じる喜びは、それは自分から迎えにいった幸せではない気がする。つまり、ラッキーなんだよ。

努力(とまでは言いたくないけど。)なしには自分の心地いい時間や空間は得られない。だから、そんなことする必要なしに幸せを感じられるなんて、幼い頃はラッキーだったなあと。

でもまあ、幼い頃にはそれが当たり前だし、「幸せだなあ」なんて言葉は言わない。

オトナになって、自分で幸せを取りにいったからこそ「幸せ」がより一層「幸せ」に感じられるし、幸せの喜びを噛み締めて、感謝することができるんじゃないかな。


私の大好きな本の中で、“子どもの頃は「将来の夢」と言えば普通じゃないことにみんな憧れていた。でも大人にになるとなぜか当たり前に手に入ると思っていた、普通を手に入れたいと願うようになる。”っていう話があった。

そうなんだ。当たり前と思っていたものが当たり前じゃないって気づく。
毎日の生活だって、朝起きてご飯を食べたり、洗濯された服に袖を通すことだって、自分の存在を認めてくれる人がすぐそばにいることだって、当たり前のようで、それは勝手に降ってくるものじゃないんだ。

好きな人と一緒にいて、前向きに仕事をして、友だちと遊んで笑うことだって、全部自分が望んで自分がそう願って働きかけるから、そうやって生きていける。

うまくいかないことだってあるし、嫌になることだって、だらけた気持ちになることだって、投げ出したくなることだって、ある。

でもやっぱり心地良く生きていきたいから、自分の心を満たすように色んなことと折り合いをつけながら、自分が最大限幸せになれるように行動する。

「最大限の幸せ」って、そんな大したことじゃない。多分。傍から見たら。

でも心と身体の健康のためには、その最大限の幸せが、自分をもっともっと幸せにできるようにするための最低限必要なものだったりするのです。

何が言いたいかっていうとね、毎日幸せに満たされて暮らしていることが、自分の幸せの可能性をもっと広げるようになるんじゃないかなってこと。


私は最近、外に出ず…そこらへんに沢山ころがっている多様なコミュニティの中へ全然繰り出せていないなーと思う。どんどんと知らない世界へと飛び込んでいくことが何よりも大事!と思って生活していた時期もあったけど、今は少し違います。

毎日のごはんや、周りにいる人に感謝をしながら、とても地道に生きているんです。

毎日がパーティで毎日がハレの日!も楽しい。だけど、毎日繰り返されることの重要性や周りにいる人の存在に感謝をして大事に感じながら生活している日々も、ハレの日ばかりの毎日に負けないくらい幸福に満ちているんです。


そんなことを考えながら過ごすゴールデンウィーク。

スポンサーサイト
22:00 将来・価値観 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。