05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第二期ロストジェネレーション

2010/06/04

3年生になって、一気に「就活・就職」って言葉が襲ってきた。

どこに行っても誰と話しても「3年生になりました」というと、
「そろそろ就活だね。どんな仕事就きたいの?」と言われる。

2年生から3年生になった瞬間から就職のこと考えてるわけない。

20歳になった瞬間大人になったと感じるわけではないのと同じ。


でも、色んなところで言われる。
それで「全然わからないです」と答えると、
「おいおい大丈夫かよ」と呆れたような感じで返される。

そんな大人に聞きたい。

「3年生になったときには、どんな仕事に就きたいか決めていたのですか。」





今は自分のやりたいことをやってる。

人生かけて知りたいと思っていることのヒントを得ようとしてる。



こないだ会った大人に言われた。

「やりたいことを見つけるのは難しい。しかも、やりたいことを仕事にするのも難しい。

みんな選択の中で自分の人生を決めている。

目の前にある二つのうち一つを選ぶ行為を繰り返して、自分の道を選んでる。

だから、これだけは譲れないっていう何かを持ってさえいればいいんじゃない?」


素直に納得できた。



朝日新聞の一面で昔連載していた『ロストジェネレーション』を読んだのね。

先のない世界が広がってた。

失われた10年に社会に出て行った若者たち。

新卒で非正規の職についた。

景気が回復してももう遅い。30過ぎじゃ、正規で雇ってもらえない。

社会や企業は信じない。自分しか信じない。



どうなるんだろ。成功しているように見える人も、将来どうなるのか分からない。

結局人間なんていつ死ぬかわからないし、人生なにがあるか分からないってのもあるから、

未来ばっかり見て生きていくのもどうかなーと思うけど。



失われた20年とかいう言葉最近聞くよね。

「第二期ロストジェネレーション」とか呼ばれるようになっちゃうかも?

自分さえうまく行っていればいいや、なんて思ってられないよ。

この社会は大丈夫なん?


小手先でどうにかしようとしてもだめだよね。

これがチャンスかもしれない。

これからの私たちが選択していく生き方が、これからの未来を良くしていくものになるといいな。


みんな大事なものを考え始めてる。
大事なものをちゃんと選んで大切にしていかないと、生きていけないんだ。

大事なものを大切にしていく生き方をできるようになるかもしんない。






megkaho
スポンサーサイト
22:32 将来・価値観 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。