09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

土佐山のお話。

2011/12/18
2011/12/17 卒論をほっぽって、まれびとハウスに行った。
土佐山アカデミーの話を聞くために。

「土佐山アカデミーは、土佐山100年構想の一つのプロジェクトです。」

最初にその言葉を聞いて、ズキューンときた。
100年、長いと思うかい?

「自分たちの孫の生きる世界が100年後だと思えば、遠くないと思いませんか。」

土佐山アカデミーのコアメンバーのうちの二人が来て、色んなお話をしてくれた。
一人は生まれも育ちも土佐山の山中さん。
もう一人は、土佐山漬けになったのはここ1年くらい(?)という林さん。

100年先。
私はこういう長い月日のことを言われると、いつも山を思い出す。
岡山で間伐した森のこと。
自然と付き合って自然の恩恵を受けて生きていくのなら、ずっとずっと長い目で自然と向き合わなくてはいけないんだということを知った。

今日の話の中でも出てきた、「人間も自然の一部」。
そうだと思う。自然の中に生きて、自然の恩恵を受けて生きて、暮らして、生産している。だから私たちは自然の一部だし、自然と共に生きていることをもっと意識していることが大事なんだと思ってる。

土佐山アカデミーのことを正確に伝えられる自信はまだないけれど、今日の話を聞いた私の言葉でいうと、土佐山アカデミーは教育機関であり、プロジェクトであり、プログラムのことのようだ。

土佐山にあるもの。
それは今日本の多くの地方が失ってきた、あるいは失おうとしているものかもしれない。

生きるため、暮らしの知恵。
学ぶこと、教育を大切にする文化。
それを〈学び/感じ/体得する〉ことのできる人を含めた環境。素地。

素地ってなんだろう。
土佐山でいうのなら、「山にへばりついて暮らしているおんちゃん、おばちゃんと話すこと」なのかなあと私は思った。

山中さんは言う。
先人たちがやったこと、築いてきたもの、育ててきたものがあって、今がある。だからそれらをちゃんと捉まえて、これからの未来を考えていかなくてはいけない。

現代人はみんな、どこにいても"東京化"を目指してきた。
東京に憧れて、東京に出てきたり、地方を東京に似せようとしたり。

山中さんは、
「自分は土佐山で生まれて、土佐山で育って、多分土佐山で死ぬと思う。」と言い切る。

土佐山に対して誇りを強く持っている。
不思議。
東京に出てきた人たちが、やってきてみてやっと自分の地元や地方の良さに気づくのに、どうして山中さんは土佐山にずっといながらにして土佐山に魅力を感じ、誇りを持っているのだろう。

山中さんは、「おんちゃん、おばちゃんたちが、不便な山にへばりついて生きている理由には、何かきっとすごく大切な理由があるんだと思う。土着愛や地域愛を超えたものが。それが一番大事なことだと思うから、知りたいんだ。」と言う。

私も、人が生きていくために大切なものは一つのような気がしている。
一つと言うか、中心にある核のようなものは、どこに行っても、どんなことをしても変わらない何かであると思っている。

生きていく上で一番大切な何かをちゃんと知って大切にできていれば、そうそう間違った方へはいかないと思うんだよね。


大切な何かをつかむためのプログラムが、土佐山アカデミーなのかなと思った。


そう考えると、ワクワクする。
山のなかに全部ある。
土佐山じゃなくても、ちゃんと残っている地域に行って根を張ると、ちゃんと大切なものを見つけられると思う。そんな素地を残していく、作っていくってことにすごくワクワクする。土佐山アカデミーのカリキュラムを受ける機会がとりあえず今すぐには見つけられないけど、土佐山アカデミーのこの感覚を持って普段から生きていけばきっと、どこにいても同じことだと思った。ワクワク。

インターネットでいくらでも情報は入ってくる。
でも、ちゃんと顔を見て、目を見て、呼吸を感じ取って聞いた話が一番、効く。


効いた。

明日からまたがんばろうって力になる。



megkaho
スポンサーサイト
01:56 MEMO | コメント(0) | トラックバック(0)

MEMO最近読んだ本

2011/04/06
ここ一カ月に読んだ本、今読んでる本、読む予定の本。
書き留めておくだけ。

『畑と田んぼと母の漬けもの』藤田和芳
『ダイコン一本からの革命』藤田和芳
『ビジョナリーカンパニー2 飛躍への法則』ジェームズ・C・コリンズ
『日本の民家』川嶋宙次
『2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本』海老原嗣夫

『キャリアショック』高橋俊介

『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ
『沈黙の春』レイチェル・カーソン




megkaho

23:51 MEMO | コメント(0) | トラックバック(0)

映画『森聞き』 感想文

2011/03/31
友達に薦められて、映画『森聞き』を見てきた。

公式HP http://www.asia-documentary.com/morikiki/

100人の高校生が、100人の森の名人を訪ねる試みがつづけられている。
この映画では、4人の高校生が、それぞれ日本各地の山村に暮らす老人たちを訪ねた。
「森の名人」と呼ばれる人たちの人生と技を聞き書きするためだ。



期待を裏切らない映画でした。


◇映画に関して良い点2つ

・音楽がいい。
・名人たち自身の言葉を大事にしている。



音楽は、フィンランドのラヤトンというアカペラグループの曲が使われてました。
すごく響きがきれいで、森の神聖な雰囲気と合ってると思った。

あ。わたしはこの映画を見て、新見の山の中しかイメージできませんでした。
山の映像が出てくると、わたしにとって肌で思い出すのは新見の山の中だから。

その、私が思い出す山の中は静かで、ざわざわして、神聖な雰囲気があるのですが、
そういった雰囲気とよく合う曲たちだった。


・・・ちなみに私は、会場で販売されていたCDを買ってしまった。

大学2年の夏、内モンゴルの砂地で星空の下聞いた、
ガイドのさっちゃんが歌ってくれたモンゴルの民謡くらい、すごく心に染み込んだから。



ドキュメンタリーを映画をあまり見ないからでしょうか。
ちゃんと本人たちの言葉をそのまま見せるというのは、とても素敵だと思いました。

自分もインタビューをしたことがあるからこそ、
あんなに心にぐっとくる言葉を引き出せている高校生たちがすごいと思ったし、
純粋に名人たちの言葉に感動してしまった。

新見でも思ったけど、やっぱり山の中には人の心を落ち着かせる不思議なチカラがあるんだ。





◇上演後の座談会「コーヒーたいむ」がまた、ものすごくよかった。

監督と出演者の女の子とお話できた。


映画の裏話から、日本社会全体の価値観や世代間の違いの話、
これからの日本の話、本当に色々話した。


●監督が自主映画を作るワケ

絶対面白くなると分かっていても、どうなるか分からないから
企画書やシナリオを書けない。

結果として『森聞き』も、焼畑が好き嫌いだとか、
木こりのおじいちゃんがすごく面白い話を色々してくれたのを撮れたけれど、
それは想定できたものではない。

企画書やシナリオを描けないものは、テレビの番組としては作れない。
だから自主映画を撮るんです、とね。


●映画作りにおける監督

監督ってのは、「他人のふんどしをとる」仕事だと。

場をつくるというか。

脚本も書けないし、映像を撮る技術もないけれど、雑用したり、人と人をつないだり、
その空間をうまく作ることは自分にもできると思ったから監督になった。


●種を守っていく理由とは

「理屈抜きで分かる人と、分からない人がいる」
というのが現代日本の姿であり、あらゆることに通ずるものの一つ

なのではないか、というのがその場で出た結論だった。

でも本当のところ、名人の答えは誰もわからないし、分からないからこそ、気になる。
気になることは大事なことで、いつまでも気にしておけばいい。

それぞれに自分が映画を見て感じる答えがあればいい。
答えを見つけられない自分に気づくのもいい。

分からないことの良さや、分からないことに対する許容が今の日本は足りないんじゃないの?

分かってしまったら、過去のことになってしまう。

答えを求めることが当たり前で、簡単に答えを与えてしまう世の中に問題意識。


●責任

残していくことに対する責任を感じているのだろうか。

名人たちは、失った後にはもう取り戻すことができないのだということを、
身にしみて感じているからこそ、残すことにこだわるのではないだろうか。


●名人世代と高校生の世代。そしてその間の世代。

間の世代。監督の世代、つまりバブルの恩恵を受けた世代?

この世代は日本の歴史の中でもかなり特殊な世代なんじゃないか。

未来は絶対に明るいと思って育ってきた
ブランドが大切で
お金に困るなんてありえない

そんな価値観を持つ世代と、私たちの世代との間に価値観のギャップがあるのはどうしたらいいのか。

世代だけが関係しているわけではない。


●次の時代へ

農村の生活に移行する人が確実に増えるのではないかな。

今後、3%成長が続くなんてありえない。
GDPがあがっていくなんて、難しい。

年収が下がっていったとき、300万、200万と下がっていく。
そうしたとき、都市で生活することは難しい。

でも農村の生活ならできる。
現金収入以外で、価値をもつものが沢山あるから。

農村へ人が戻っていくのではないか。



(その場にいた人の意見と、わたしの言葉とが混ざったMEMOです)












megkaho

01:41 MEMO | コメント(0) | トラックバック(0)

ダメな自分に掛けられた言葉

2011/03/04

正直、ここ最近は後ろ向きでした。

わたしはテンションの波が細かいから、
後ろ向きになることもしょっちゅうなんですが。

自分に言い訳して、
逃げて逃げて逃げまくってました。

いや、今も逃げてるんですけど。



でも今日、
今日初めて会う人からの言葉で「シャンとせねば!」って思えた。


「就職活動もうまくいかなかったら、やめて休学でもしようかと思ってるです。」

って言った私に

「でも、一度結論は出した方がいいよ。
結論が出ないまま休学とかしても、答えは出ないからね。
もしするなら、明確に休学中にこれをやるんだって決めた方がいい。」

って。


目が覚めた。


あー、自分だめだな。

もやもやして、どうにもならんからって、期限を設けずにいる。



つきぬけたい。

不完全燃焼なのに、燃え尽きてしまいそう。


それが一番怖い。


人との出会いが私をヘコませもするし、前向きにもさせてくれる。


忘れないようにしよう。



根詰めて自分と向き合うか。

どうにもならんくても。


うおーってなりそう。


悩ましい。

自分がカッコ悪すぎて恥ずかしい。


最近すごく思う。

自分が恥ずかしい。




megkaho
00:12 MEMO | コメント(0) | トラックバック(0)

東京タワーとTHE BIG ISSUE

2011/02/02
リリーフランキーの『東京タワー』が返ってきた。



物事は不思議なもので、謀ったかのような絶妙なタイミングであらわれる。

それは、ときにはわたしを励ますけれど、

ときには、残酷なくらいつらい現実をつきつけてくる。


なんてタイミングで、なんてシチュエーションで、あらわれてくるんだろう。

『東京タワー』の「当たり前」のくだりが、
今のわたしには痛いほど突き刺さって、苦しいくらいだった。


ーーー引用ーーーー

子供の頃に予想していた自分の未来。

歌手や宇宙飛行士にはなれなくても、いつか自分も誰かの
「お母さん」や「お父さん」にはなるんだろうなぁと思っている。

しかし、当たり前になれると思っていたその「当たり前」が、
自分には起こらないことがある。
誰にでも起きている「当たり前」。
いらないと思っている人にでも届けられる「当たり前」が、
自分には叶わないことがある。

難しいことじゃなかったはずだ。
叶わないことじゃなかったはずだ。

人にとって「当たり前」のことが、自分にとっては「当たり前」ではなくなる。
世の中の日常で繰り返される平凡な現象が、自分にとっては「奇蹟」に映る。

歌手や宇宙飛行士になることよりも、はるかに遠く感じるその奇蹟。

子供の頃の夢に破れ、挫折することなんてたいした問題じゃない。
単なる職業に馳せた夢なんてものは、たいして美しい想いじゃない。

でも、大人の想う夢。叶っていいはずの、日常の中にある慎しい夢。
子供の時は平凡を毛嫌いしたが、平凡になりうるための大人の夢。
かつて当たり前だったことが、当たり前ではなくなった時。平凡につまづいた時。

人は手を合わせて、祈るのだろう。


リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』2005
p.68-69

ーーーーーーーー



隣の人にとっての当たり前は
わたしにとっては全然当たり前じゃなくて、

自分の当たり前の幸せに気付かずに、
ないものを求めて、ねたんだり、苦しんだりする。

けど時々、自分の幸せに気がつく瞬間がある。


その瞬間を大事にしたい。











THE BIG ISSUE 159号
ウィリアム王子が表紙の号。

「大学生による『就活』デモ」の記事が良かった。


今もエジプトでは大規模な反政デモが行われている。

デモって昔怖かった。

デモの様子の映像をテレビで見ると
「どうしてこの人たちはこんなに怒ってるんだろう」とか
「どうして警察と衝突してるんだろう、悪い人たちなのかな」って思ってた。

子どもが怖いと思うほど、そこには強い思いがある。


わたしたちには参政権があるけれど、投票権があるけれど、

社会に対する不満とか、想いとか、もっともっと強く伝えていくには
デモという手段はもっと使っていってもいいのかなって思う。


社会に対する不満に、従っているだけじゃ、変えられない。


暴力は嫌いだけど、想いを訴えるのは必要。
声をあげなきゃ誰も聞いてはくれないのだから。

それぞれに、不満や強い思いをもつところは違う。

だから自分が強い想いを持ったのなら、
同じ思いを持つ仲間と集まって、声に出していったらいい。

わたしはドコに強い想いをもっているかな。


THE BIG ISSUE http://www.bigissue.jp/












megkaho
10:24 MEMO | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。