07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ヴィパッサナーから帰ってきて

2010/06/28

瞑想、一日一回朝or夜してたんですが、ついにしなくなってしまいました。


生活してて時折、ふとした時に、瞑想の感じを思い出したり、
修行をちょっと意識して過ごすことはありますが、
毎日の瞑想から離れてしまった。


10日間のコースからすこし時が経って、感じ方もすこし変わったような気がします。


修行をして、大切なことを理解して、ゆったりとした心を持つと、この都市での生活が本当に合わないと感じてしまう。

というか、都市のせかせかして時間に追われて、よくも悪くもものすごいエネルギーがぎゅうぎゅうになった世界と一緒のペースで生きていけない。

自分はゆっくりとしてしまって、周りとテンポが合わないように感じてきた。

良くも悪くも。


この世界に生きている限り、ある程度この世界のペースに合わせていく必要があると思う。

本当はそれが正しいわけではないって思うんだけれど。

なんでだろう。どうしたらいいのだろう。



選ぶものが変わった。

色々なものを選ぶときの基準が変わった。





megkaho
スポンサーサイト
01:49 ヴィパッサナー | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴィパッサナー瞑想 その2

2010/06/19
ヴィパッサナーから帰ってきた!

うん、良かった!!


「変な宗教なんじゃないか」

なんて不安はいらなかった!



ここで瞑想がどんなだったかってのを事細かに書くのはやめる。

わたしは行く前にネットで色んな人の体験記みたいのを読んで行ったけど、
読まない方が良かったかもーって思ったから。


人によって感じ方は色々だし、
修行中の10日間(正確には聖なる沈黙のある9日間かな)は本当に一人だった。
感じ方を共有する必要はない。


でも、生活自体はすごく快適だったー!
健康的な生活だし、ご飯もおいしかった。


途中何度もくじけそうになったけど、
10日間指導や講話の励ましの言葉を信じて頑張ってよかった!

続けないと実感を持って理解できないことだらけだったと思う。
10日間続けることでやっと納得できた部分もたくさんあった!

「継続が成功の鍵」

ほんとそれ!




…10日間を通して(修行に関係ないものも含め)色々感じたこと…

◇ご飯をいただくよろこび
出されたご飯をいただくということ。奉仕者の方が作ってくださるご飯に愛を感じました。
ご飯だけじゃないけど、ご飯にわたしはすごく感動した。感謝の気持ちしかない。

◇自然の法を感じるってこと
降る雨や、流れる雲、庭に生えている草と自分は一緒。
この自然の摂理の中に生きるものなんだなーと。


◇外と自分
自分の感情は自分が作り出しているんだ。
外からの刺激が原因じゃなくて、自分が作り出しているんだって実感。


◇生き方
色んな生き方がある。

普段自分の周りには、同じような大学生しかいなくて、
大きく分けてみれば、同じような生き方を目指す人ばかりがいる。

今まで会ったことのないような世界に生きる人たちにたくさん出会えて、
話を聞けたことが本当に良かった。


ピアス開ける仕事の人

ダイビング教える人

ヨガの先生

旅する人

大仏巡りする人

結婚して新しい人生をスタートさせる人

自分の人生の最後を意識して生きる人

お母さんになる人



色んな人が、色んな生き方をして、色んな経験をして、

修行のあとに話を聞いたからかなあ、

すごくすごくみんな幸せそうに生きている!


自分の生き方はこれしかない!って思って人生選ぼうとするのは勿体ない。


なんだってできる。

なにが起こるかなんて分からない。


だって “今” 生きているんだもんね。


自分が今回のコースでは最年少で、みんなお姉さん、お母さんみたいな年だった。

自分の将来が見えなくて逃げるように参加したけど、

ヴィパッサナーもすごく良かったけど、

わたしにとっては少し先の将来というか、数年~十年後の未来をもっと自由にイメージできるようになったことも大きい。



もっと愛と慈しみに溢れた人間に、わたしもなれるかなあ。

じゃなくて、自分で努力しないとなれないんだ。






… …


新幹線で新横浜に到着してショック症状(?がすこし。

京都から友達と新幹線に乗ってるときは大丈夫だったのに。

人の多さが気持ち悪い。

色んな人の声が頭に勝手に入ってくる。

全部の音が大きすぎて、身体中が振動するかんじ。

呼吸が荒くなって、心臓がドキドキしてた。

家に着いたら落ち着いたけど、やっぱりあれだけ静かで快適な環境で11日間も静かに過ごしていたからかなあ。


でも、現実で強く優しく生きるために瞑想を学んできたんだからー!

自分の部屋のないわたしはどこで修行を続けたらいいだろう。今それが悩み(笑)

寝るところとつながっているリビングでは誰かがいつもTVを見てるし、

家は国道沿いで線路沿いでいつもうるさいよー。

集中できない><


でも頑張って続けよう!



さーて、瞑想して寝ようかな。






good night!


megkaho
22:52 ヴィパッサナー | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴィパッサナー瞑想 その1

2010/06/01
こんにちは。

関東で大学生しています。かほです。
人に読まれることを意識して何か書こうと思い、ブログを始めました。

最初っからこの話でいいのかとも思うのですが、
ヴィパッサナー瞑想のことを書こうと思います。

来週から京都でのヴィパッサナー瞑想の合宿に参加する予定です。

4月にインドで修行を体験してきた方から
日本で瞑想をするなら「ヴィパッサナー瞑想」と、紹介されました。

1か月くらい悩んで5月に申し込んだのですが、すでにキャンセル待ち。
そんなに人気があるのかと驚きましたよー。



んで、キャンセルが出ましたとの連絡を受けたのが昨日。

「来週から瞑想合宿行ってくるね」

と、言ったら、案の定心配されまくってます。

宗教なんじゃないか、
無料ってのは怖い、
洗脳されるんじゃないか、

などなど。


母も、「そんな気味悪いの行くな」とは言いませんが、
学校休んでいくのは良くないんじゃないのー?

とか、やんわり否定します。


そんな危ないものじゃないし、
洗脳されるほど弱ってもいない、
何かにすがりたいわけでもない!

とは思っているのだけど…。




わたしもよく分からないから、
ヴィパッサナー体験記みたいな感じで、
どんなんだったかをブログで記録しようかなって思ってます。

もし興味もって、でもどんなんだろうって迷う人がこのブログみて、
どんなもんか分かってもらえたらいいなあ。


わたしが京都から帰ってきても、洗脳(笑)されてた!とかがないことを祈ってて下さい(笑)



親や家族に黙って、旅行と嘘をついて行くこともできるけれど、
それは嫌なんだよね。

だって家族だし。
家族がいるから、私はどんなところに行ったって大丈夫って思えるし、
今まで色んなことをしてきたし。


イギリスにふらふらと2週間も遊びにいったときも、
内モンゴルに行ってくる!っと言いだしたときも、

いってらっしゃい気をつけて と言って、
心配だっただろうに、快く後押ししてくれた親だったから、
どうして今回はこんなに否定されるのかなあ。

宗教っぽいものに拒否反応を示すのは、日本人だから?
それとも、新興宗教が色々問題起こした時代を知っているから?

座禅や写経に行ってくるのは良くて、
瞑想行ってくるというとこんなに「怪しいもの」扱いなのか。







・・・・・・

親と電話して、納得してもらえました。
もう成人しているけど、やっぱり親が反対しているのに行くのはいやだったから良かった。


すごく家族の愛を感じるね。
わたしのことを、わたしだけじゃなく、お母さんもすごく心配なんだ。
心配だからこそ、止めたくて、
でも信じたくて、

うちの親はいつも信頼を大事にしてくれる。

心配して認めない優しさじゃなくて、信頼して認める優しさを持ってくれている。

それがすごく嬉しいし、ありがたいし、それに応えたいって思う。


わたしの親ならきっと分かってくれる。
そう思うから私も自分がいいと思ったものは親に話す。






megkaho
23:41 ヴィパッサナー | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。